融資 即日

即日で融資が受けられたので本当に助かった!

小さい飲食店を経営していて、最近事業拡大のために2号店をオープンしました!オープン自体は成功して客入りもいいのですが、初月ということもあり出費もかさみます。トータルで見ると少し赤字になってしまい、必要経費に掛かるお金が足りなくなってしまいました。

これはマズいと思い、お金を借りて何とかしようと考えました。でも融資を受けたくても銀行や公庫では時間が掛かる上、審査面での不安もあります。なるべく早くお金が借りたいので、他の手を考えることに。支払いに間に合う会社を探します。

そして至ったのがカードローンでの即日融資でした!審査も短くてすぐに借りられるので、支払いにも問題なく間に合います。さっそく申込を済ませたところ、審査も無事通過。必要な金額をちゃんと借りることができました!

手続きも簡単で面倒な書類なども必要なかったことも嬉しい点でした。おかげで短時間で借りることができたので、支払いも滞り無く済み、2号店の経営もうまくいっています!

カードローンですぐに融資が受けられて本当に助かりました。金利面でもお得なので、月々の負担も気になりません。もし急ぎでお金が必要ならカードローンでの融資がお勧めです!

一番融資されやすいタイミング!それは起業する時

将来今の企業から脱サラして「いつか会社を起業したい!」そんな風に未来の人生設計図を思い描いている方もいらっしゃいますよね?そんな起業を思い描いている方に、実際に起業している方からやり方・悩み・こういうタイミングこそ融資を受けやすい!という起業のタイミングを調ばようではありませんか!

これから起業しようとする方がまず一番悩むことは、複数で出資する「株式会社」にするか「個人事業」にするか、でしょう。世間的に起業の個人年収1000万以上なら法人化としてやっていく方がメリットがあると言われていますが、世間の流れ的な事情からいろいろ変動も起きてくる為、これから起業する事業からどのくらい収益が見込めるかをある程度は計算できていないと開業は厳しいでしょう。ビジネスの世界では、個人事業よりもやはり企業形態の法人の会社の方が個人事業には課せられていない法的な規制の下で経営している分だけに「この法人の会社は個人事業よりも信頼できる」と判断される世界だからです。

法人の規制にはいくつかあります。第一に、法人の会社は法務局の審査を受けた上で、公的に証明されるその会社の資本金はその会社の基礎の強度を図る基準にもなりますし、これらの重要事項を公的に証明できるからです。第二に、例えばその法人の会社のホームページなどでその会社のオーナーの住所・氏名が公表されていれば、これから取引する相手の得体の知れない不安感をある程度拭えるという効果があります。法人や株式会社には、この様に会社内で色々な形で義務や規制が明確化されている分だけ、世間の印象的として「個人事業よりも法人の方が信頼できる」という安心感を与えられるのです。
信頼できるということは、その会社のイメージアップにも繋がる上にその事業をより発展させたり・成功に導く商談や交渉相手もよりよい方向に変わっていけますので、より確実にその法人の会社の事業を将来的な発展に持っていきやすくなったり・事業の成長性に沿った戦略が立てやすくなるということは、法人の会社の起業家が揃えて口にしていることです。

それならさっそく法人の会社を起業しよう!と法人の会社を設立してから約2期程が経過した頃、思う様に利益が上がらない為に融資を受けようとして銀行等の金融機関を訪れましたが、会社の決算書を提示した段階で審査は通りませんでした。「何故か?」と言うと実は会社を起業してから約1~2期頃というのは、初期投資も嵩んでいて売上も波を打つ様に不安定な状態で、思う様な利益を出しづらい時期であるということを売上帳から判断されることが多いため、銀行などの金融機関の審査を受けても審査が通らないという事態に陥ってしまうのです。ただ、その時点での業績が悪くても、将来的に安定した売上や事業の上昇が今後見込めることを証明できる場合は、決して融資を受ける審査に通らないとは限らないのです。

しかし、やはり「融資を受けやすいタイミング」は知っておくべきです。その「融資を受けやすいタイミング」とは、何と「実績がない起業時」の方が起業してから約2期を過ぎた業績の悪い会社よりも遥かに融資を受けられやすい、という驚くべきデータがあるのです!普通、「融資を受ける」というとどうしても銀行を思い浮かべがちですが、融資先を銀行ではなく100パーセント起業を援助する政策の方向である国の「国民生活金融金庫」ならば、一定の基準と審査を満たしていれば実績がなくこれから起業していこう、というタイミングでも融資を受けることができるのです。下手に起業してから実績が悪化する時ではなく、実績がない起業時に融資を受けましょう。

貸し出しの前に知っておこう!インフレとデフレと金利の相場

日本経済はそれまで前例がないと言っていい長引く不況に対応する為に、2006年まで「ゼロ金利政策」を実施しました。「ゼロ金利政策」とは、企業側や事業を興そうとする人が資本金をできるだけ安値で借りることができる様に、日本銀行が限界の底である0パーセントまで金利を下げた政策のことです。「ゼロ金利政策」を実施することで、企業側や事業を興そうとする人達の金利が安値になるだけではなく、我が国の約900兆円にも上ると言われる途方もない国の借金は下手に金利を高くなってしまうと国債等の債券の利払いに弊害が起きてしまう為、債権を少しでも減らそう、という当時の背景がありました。日本経済に変化が見られる現在でこそ2006年に「ゼロ金利政策」は解除されましたが、今や約900~1000兆円近くに上る莫大な国の借金により限りなくデフレな時代であることは間違いないでしょう。問題は、生き物のように絶えず変動する金利に私達がどう対応していくかです。そういうわけで、金利とインフレとデフレについて学び、少しでも賢い貸し出しができる状態にしていきましょう。

それでは、なぜ「金利」が存在するのでしょう?分かりやすく言うと、レンタルカーをレンタルし使用後にレンタカーをレンタカー屋さんに返す時にレンタカー代プラスアルファとして少し色をつけて返済するチップ(謝礼金)が制度として事実上義務化されたものが、「金利」の仕組みとなっています。要するに、借りたモノにレンタル手数料を上乗せして借主に返すようなものですね。「金利」とは、その市場におけるレンタル商品の対象物のレンタル手数料が、貸し主と借りたい顧客のバランスでレンタル手数料の目安となるある一定の水準が決まってくることで市場での「市場機能」が働いてくる、というわけです。「金利」では市場の読み方は、「いちば」ではなく「しじょう」と呼ばれています。こうした「金利の市場」では「年間で貸した場合」と「年間で借りた場合」と想定した上で、各々が元本の大よそどれ位適しているレンタル手数料が必要か、という考え方を基本として動いています。この場合の「年間を通して決まる金利」は、年率で具体的に表示された上で市場機能を通して決まってくる仕組みなのです。

「金利」の仕組みが分かったところで、「金利」に「インフレ」と「デフレ」がどう影響していくかを知っていきましょう。分かりやすく言うと、デフレの時は金利が低くなり・インフレの時は金利が高くなるという仕組みです。「インフレ」とは何かと言いますと、経済状況に応じて各市場の商品などの値段が限りなく高くなっていく現象が起きることを言いますが、逆に言えばその分お金の価値がどんどん低下していく現象ともいえるモノです。この「インフレ」に対して「デフレ」とは何かと言いますと、経済状況に応じて各市場の商品などの値段が限りなく低くなっていく現象が起きることを言いますが、逆に言えばその分お金の価値がどんどん上昇していく現象とも言えるものなのです。「インフレ」は時の経過と共にお金の価値がどんどん低下していく現象ですが、相対的にお金の価値がある程度低下した時点で返済すれば借りる時の金利は上昇しますので、将来お金の価値が低下している時にお金を返せば借主に有利に働きます。これに対して、「デフレ」は時の経過とともにお金の価値がどんどん上昇していく現象なので、お金の価値が上昇してから使う方がメリットがあると判断されてどんどん貯蓄する人が増えるので比例して借りたい人の比率が下がり金利は低くなる仕組みです。

賢く「金利」を使い、上手に貸し出しを受けらましょう。

企業の資金調達の命綱!設備投資の立て方

一般的に企業が資金を確実に調達する為には、「設備投資計画」というものをしっかりと立てていかなければなりません。それでは、ここで言う「設備投資」とは、一体どのような特色を持つものなのでしょうか?これから「設備投資」をきちんと理解した上で、「設備投資計画」を立てていく為に必要なことを考えていきたいと思います。

普段何気なく経済情報誌を読んでいると、「設備投資」という言葉が時々目に飛び込んではきませんか?「設備投資」とは、一般的な企業が販促活動・生産における活動等を行うことを前提とした上で、生産・販促活動上でこれから使用するであろう工場や販売店の「有形固定資産」を取得することを言います。商品の特許等の「無形固定資産」の取得や、商品等の研究開発投資等も広い意味で「設備投資」に含まれているのです。これから企業が「設備投資」をする場合は、適切に「設備投資」を揃えた上で工場・販売店の既存のコンピューターや使用している機器の交換の時は、新しく工場や販売店を構える時、の大きく2つに分けられています。「設備投資」は、企業や事業を支えている為の基礎となる骨組みでもありますので、特に企業の販促活動には欠かせないモノとなっているのです。しかし、あまりに具体的に立ててしまった「設備投資計画」に沿って活動していくと、企業や事業の将来の収益の見込みがほぼ決まってきてしまうのです。「設備投資」は全般的な視点から企業や事業の将来の展開を見据えて戦略的に投資を行っていくことできますが、それと同時にリスクもよく把握しておかなければ企業や事業の業績が悪化してしまい、下手をすると収支の悪化を招いてしまいかねないというリスク面も含んでいるモノなのです。

では、ここでせっかく「設備投資」とは企業や事業の展開や販売活動の成長性の見込みに応じて戦略的に投資できるスグレモノの投資であると分かってきたところで、今度は「設備投資」の具体的なリスクについていくつか取り上げていってみることにしましょう。

1財務構成が悪化してしまう
この「設備投資」のリスクは、一件ごとにかかってしまう支出金額が原材料や労働力に釣り合わない位に半端ではない金額がかかってしまうことが多く、企業や事業の成長性や発展性が著しい分だけ「設備投資」が盛んですが、「設備投資」が盛んイコール調達する資金を借入金に依存しているということになりますので、企業や事業の資本構成がどんどん悪化していく、ということになってしまうのです。

2上がってしまう固定費
企業や事業で「設備投資」を行っていると金利などの固定費が大きく上がっていってしまう為、これらをフォローする操業度も並行して上がっていってしまうことになります。そこで操業度を削ってしまうと、一度上がってしまった固定費を削ることは至難の業なので企業や事業の収支を悪化させるというリスクが高くなっていってしまうのです。

3弾力的な対応に弊害が生じる
一度「設備投資」されると、企業や事業の自社製品の柔軟で弾力的な生産の対応が難しくなってきてしまうことがあります。状況によっては、その企業の既存の設備にひきずられたまま無限に当面変更できない自社製品の生産をしなければならない、という事態も発生しかねません。特に今の時代のように新製品から新製品へとユーザーの移り変わりの激しい時代ではこれが企業の命取りになってしまうこともあり得るのです。

これから「設備投資」による資金調達の計画を立てる場合は、これらの具体的なリスクを十分に把握した上で、長期的・広義的に判断戦略していくことがその企業や事業の未来を決めていくのです。