審査がおりる資金使途とは何か考える

絶対に融資が受けたい方必見!融資がおりる資金使途の内容とは

融資を受けるために審査があるものだが、とりわけ多くの人が一番に融資を受けようとする金融機関はやはり銀行が多いのではないだろうか。というのは、一番信頼でき、安心であり、金利も比較的安いからであろう。しかし、銀行から融資を受けるにはそれなりの審査を受ける必要があるわけだ。その審査が通らなければ融資を受けることはできないからである。その審査でよく聞かれるのが、「資金使途」である。これは、いわゆるお金の使い道ということだ。どんなお金の使い道でもいいから融資をしてくれるというわけではない。その資金の使い方は、とても将来に役立つ使い道かどうかを考えて融資審査を行うというわけだ。では、審査がおりやすい資金使途というものはあるのだろうか?

だいたい、銀行側が考える資金使途は「設備資金」と「運転資金」の二つが大きなものと言える。設備資金というのは、設備を買うための費用、例えば会社の機械や車や事務所そのものなどを購入するために必要な資金のことだ。設備資金という資金使途は費用や使い道などが比較的はっきりするので融資審査がおりやすいと言える。もちろん、設備資金といった資金使途で融資を受けたのなら、きちんとその通りに費用を用いているかどうか審査が入ることがあるので、設備資金といって他のことに費用を使っているなら融資を受けられなくなってしまし、すぐに全額返済を求められることになる。

もう一つは、運転資金であるがこれは事業を行なっていくために必要な何かの仕入れの費用や、給料費や光熱費などの費用に充てることができる比較的自由に用いることができる費用と言える。しかし、このように自由に使える資金だからこそ上手く資金使途を具体的なものにしたほうが審査をおりやすくなるともいえる。銀行側に、その融資を受けたい費用の根拠や返済の計画も含めて報告するとよいかもしれない。

何はともあれ審査がおりやすくなるからといって資金使途を細かくしすぎてしまい、その結果その資金使途どおりに資金を使わずに資金使途違反になってしまうと、とても大きな損害や代償を負いかねないために、資金使途は綿密に考え計画して提出することをお勧めしたい。