融資の多くの種類について知っておこう!

融資を受けようと考えている方必読!正しい融資の種類の選び方とは

さて、一言で融資といっても様々な種類の融資のシステムがある。銀行からの融資もあれば、金融機関の融資もあるわけだ。融資を受ける理由も様々である。住宅のためや教育のため、または事業や会社のために融資を受けるといったことがあるのではないだろうか。とりわけ、今回は住宅ローンの様々な種類について見てみよう。

だいたい、ローンは公的と民間のローンがある。公的ローンの種類は二つで、財形融資といった財形貯蓄を一年以上行っている人が受けられる融資だ。財形貯蓄はだいたい多くのサラリーマンが行っているものである。

さらには、自治体融資といったものもある。全国の地方の自治体が行っている融資であり、そこの土地にある程度の年数を住んでいれば受けられるものだ。サラリーマンのように財形貯蓄といったシステムを利用してない人は自治体融資を利用するほかはないかもしれない。

民間ローンについては、提携ローンと言って金融機関と契約をしている不動産が行っている融資である。比較的多くの人が家を購入するときにその流れで融資をお願いして利用するのが提携ローンといえよう。提携ゆえの特典などもあるのでそういった店ではメリットがあると言える。他にも、非提携ローンと言ってどことも提携を結んでない多くの金融機関が行っているローンだ。どちらの種類がいいかは各々で見極める必要があるだろう。

または、金利も種類があり、固定金利と変動型金利がある。これもどちらの種類がいいかは自分で判断すべきだ。固定金利の方は、借りた時の金利がずっと変わらないもので計画を立てやすいシステムではあるものだ。しかし、他の金利が下がっているのに変わらないとなると少し損をしてしまうことにもなる。しかし、安定していると言える。変動型金利は、情勢によって金利が変わるわけだ。金利はだいたい年に二回見直されるので市場が金利を下げているのなら得をするが、市場が金利を高くしていくなら損をしてしまうわけだ。少し安定はしないが金利が安く済む可能性があるわけだ。

このように、今回は住宅ローンの融資の種類のみを考えてみたが、他にも融資の種類は色々あるわけでいろいろなサービスもあるのでしっかりと融資の種類を把握して自分にあった損をしない融資の選択をするように心がけたいと思うのではないだろうか。ぜひとも、融資を受ける前に少しの情報集めをすることをお勧めしたい。