風力発電を作ると言っていた男が突然消えた

風力発電を作ろうと思って融資を受けようとしていた人が突然消えた

千葉県在住 E.Mさん(44歳)
前に交流会に行った時のことです。インターネットでの交流会にはたまに行くのですが、そこでは飲みに行く友達とか会社に関係のない友人を作るようにしています。そちらのほうが気兼ねなく話もできますし、楽しくストレス発散ができるので気に入っています。

そんな交流会で出会った人の一人が最近連絡がなくなりました。どうもどこか遠いところに引っ越した、という風のうわさを聞きましたが彼の話を間に受けなくてよかったと思います。おそらく詐欺的な話を持ちかけていたのだと思いますから。

どういうことかというと、彼は私と交流会で出会った時に風力発電をたくさん作るという話しをしていました。夢は死ぬまでに風力発電を日本にたくさん作ることだと言っていました。その夢に乗って銀行も即日融資を約束してくれていると言っていました。

そして銀行の融資だけだと夢には届かないからサポーターという形でお金を集めているということでした。そのお金は全額風力発電に使って、儲かった分のお金は利息として払う、というような方法だと言っていました。一口10万円からと言っていたと思います。

私は即日融資という言葉にも引っかかりましたが、即日融資をこちらがして欲しいくらいだったので、お金も無いですし10万円もら払えないので「へーそうですか、すごいですね~」という感じで受け流していたのです。それに気づいたのか彼もあまり話さなくなっていました。

私と同じように勧誘を受けた人は何人もいたみたいで、結果的に彼の悪い噂がその交流会では広まっていました。結果的に彼はそこから消息不明になったみたいです。死んだわけではないとおもいますけど、彼はこのあたりでは多分商売できないと思ったんでしょうね。

インターネットの交流会はこういう人もたくさんいるので注意が必要です。即時融資を銀行がしてくれるわけないじゃないか、というのは私もなんとなくわかったので騙されなかったですが、油断していると騙されてしまいますから、気をつけてください。