仕事が今はなくても融資を受ける方法とは

絶対必見!無職の方でもなんとかお金を借りる方法をご紹介!

今は、仕事を見つけるのは難しい時代である。そのために、望んで無職といった立場になっているわけではない人が多いのではないだろうか。そのような人も生活するために、何かの教育や資格を得るために、突発的な出費のためになど色々考えられるが、そのようなときに無職といった立場でも融資を受けることが可能なものとはあるのだろうか。少し考えてみよう。

たとえば、仕事を一生懸命探しているのだがなかなか見つからなくてそのために資金や援助が必要になるといった人には、総合支援資金
といった公的な融資が一つあるかもしれない。これは、収入が少ない人を対象としているものである。年間に35万円以下の収入の人が対象となっている。

条件としては、住所があるということがまずは第一だ。申し込みのときに住民票などが必要になるからである。さらには、しっかりと返済の見込みがあるといったこともやはり大切であろう。そういった努力をしている人、つまり仕事を一生懸命探しているのだがなかなか見つからないといった状況であったり、仕事をするために資格の勉強をしていたりとするならばこの融資を受けることができるのである。この融資は公的なところが用意しているものなのでメリットとしては、金利が安いというところだ。だいたい、1.5%の年間の金利であって、もしも保証人となってくれる人がいると金利なく融資を受けることができるのである。そのためにとても次のステップに努力するチャンスを得やすいものである。融資を受けることができる限度額は20万円までで、独り者だと15万円までとなっている。融資を受けられる期間が約一年の間だけとなるので少し期間が短いのは難点なのかもしれない。しかし、これは公的な融資なのでとても安心して利用できるであろう。

さらには、民間の金融機関から融資を受けることができるものもある。これは、民間であるゆえに金利は少し高いがしかし、探してみると金利が3%ぐらいのところもあるのでうまく審査が通れば良いのではないだろうか。借りられる額も500万とか多いと800万まで借りられるとなっているところもあるのでとても助かると言える。しかし、やはり返済能力を判断されるので、民間の場合は特によく考えて融資を利用したほうがよいであろう。比較的、余分な手間のかかる審査のための手続きとかはないし、インターネットでも申込みできるので気軽に民間の金融機関は融資を受けることができるといえる。

このように、たとえ無職であってもきちんとアルバイトやパートタイムの仕事などをしているのなら融資を受けることができるところがあるのである。むしろ、そういった人を援助するための融資も多くあるので是非ともそういったものをよく調べて自分にとって一番合う融資はなにかを考えながら一つの融資をきっかけに努力して仕事を見つけられたらそれほど良いことはないといえるわけだ。