お金をうまく増やす資金調達・運用方法

お金をうまく増やすための資金調達・運用方法あれこれ

人間生活していれば、お金が必要になってくるものです。特に結婚して自分の家庭を持つと、誰しもが「これからのことを考えて、少しでもお金を増やしておきたい」ではないでしょうか。そこで、お金をうまく増やすための資金調達やその運用方法を色々と紹介していきましょう。

まずAさんは、離婚してバツイチになってしまった40代の娘とまだ保育園に入園したばかりの娘の息子と自分の3人暮らしです。しかし離婚して実家に戻ってきた家族の生活資金を預金通帳で見る度に、いつもため息と不安が漏れてしまいそうな日が続いています。そこで、Aさんはバツイチの娘と話し合った結果、これからさらにかかってくるであろう生活費や幼い息子の教育費のお金を捻出する為にバツイチの娘の提案で「投資」することにしました。しかし日々経済情報誌等の株式欄を見ていても、中々投資のタイミングというものを上手く見極められず、上手くタイミングを図ることができません。でも、少額でも日々の株価を気にかけずに優良銘柄に投資できるという「投資信託」に思い切って投資することにしました。詳しく調べたところ、日本株で運用できる優良銘柄が活発の傾向にあるので、日本株で上手く運用できそうなタイプのものを15万購入することによりAさんの資金の調達をだんだんと増やしていくことができるようになっていったのです。Aさんが上手くお金を増やすことに成功した理由は、沢山ある投資の中から株式型の投資信託を効率的に選んで活発傾向にある日本株で運用していけるタイプを運用効果が出てくるように上手くチョイスしたことに尽きる、と言えるでしょう。これこそお金を上手に増やすことができるコツと言えますよね。

またBさんは、積立預金で貯めた150万の現金を元手に、幼稚園年中の6歳の一人娘の進学費用にかかる短期大学の教育費の運用をすることにしました。何とここで目を付けた方法が「投資」です。一般的に、お金を使う目的の方向性がある程度位置づけされている教育費等のお金は金利が下がっていても元割れすることが絶対的にあり得ないだろうと想定できる安定的な商品を使って運用するものなのですが、今はどこへ行っても低金利という時代です。

Bさんの家庭では、教育費を使う時期はこれから12年後とわかっているので、アクティブ型の「投資信託」をメインとした日本株で運用ができるタイプのモノに40万投資することにしました。また、将来的に一人娘の海外留学も考えて、米ドル定期を15万のみ作ることにし投資してみました。ある程度利益が出た場合は利益を確定させる為に、いずれ株を手放すことも頭に入れておかなくてはならないでしょう。しかし、許容範囲内のリスクができる若い時期から長期的な期間で運用したい、という場合はある程度の投資経験を積んでおくことは貴重な財産になります。ここで気を付けておくべき点は、長期的な期間後の資金の運用する目的が「教育費」という一人娘の人生に関わってくるものである為に、「投資信託」のうち20パーセント位は安定性があって確実にお金を増やすことが見込めるとある程度想定できる「安全で安定的な商品」を選んでおくことも必要なのです。この場合の「安全で安定的な商品」とは、例えば「全労済のせいめい共済」や「長期の公社債投信」等といったモノがメインとして挙げられます。

もし12年後にこの投資である程度お金が減っていたとしても、若い内に投資をしたという経験は、老後の生活資金の調達を考えて投資しよう、という場合において大きな強みと味方となって貴方のこれからの投資やお金を増やす方法を拡大してくれるものとなってくれるでしょう。