融資に必要な担保について詳しくなろう!

見逃し厳禁!必ず融資を受けられる担保にすべきものベスト3とは?

融資を受けようとした場合に、担保が必要になることはよくあるのではないだろうか。担保とは、もしも返済ができなくなったときのための保証のようなものである。そのためにある程度の価値があるものでなければ担保になることはできないわけだ。では、よく融資を受けるのに担保となり得るもののベスト3を見てみよう。あくまでも個人的な解釈によるが。

担保になり得るのは人的担保と物的担保の二つが基本だかそのうち一番担保として多いのが人的担保ではないだろうか。つまり、保証人や連帯保証人である。この保証人は、返済者が返済できなくなるとその返済を代わりに行わなければならなくなるわけだ。その保証があるのでそれを担保として融資を受けられるようになるというわけだ。

次の担保として融資を受けられるようになるものの二番目のものとしては物的担保にもあたる不動産ではないだろうか。土地そのものが担保となるので比較的その価値は安定的で変わることも少ないので、長期的な融資を受けることが可能となるものである。しかし、どの土地や不動産でも担保になるというわけではないので、担保になるかどうかまたはどれくらいの価値の担保となるかを審査してもらう必要がある。

三番目は、預金担保であろう。銀行などに定期預金があったとしたらそれを担保にお金を融資してもらえるというわけだ。定期預金を崩すことはしたくないがお金が必要になってしまったときに一時的に定期預金と同額までを限度額として融資を受けられるのである。比較的、簡単に融資を受けられるのでちょっとした融資が必要なときに利用することもできるのではないだろうか。

他にも色々なものを担保することができるので自分が一番担保にしても不便にならなくて、なおかつある適度の価値があるものを担保とするならば融資を受けやすくなるものである。担保があるほうが金利も安く融資を受けられるので、担保にすると返済ができなかったらどうしようかと不安になることもあるが長期的にはメリットもあるものだ。ぜひ、一度考慮してみる価値はあるのではないだろうか。